舷側展望室

宇宙戦艦ヤマト関連についてあれこれ

小説 宇宙戦艦ヤマト2199(下)を読んだ。

去年末に発売された小説宇宙戦艦ヤマト2199下を読んだ後の感想を書いてなかったのでいまさらながら。下巻はガミラス描写がたくさん。

小説版の宇宙戦艦ヤマト2199下を読みました。表紙絵は上巻と下巻を並べるとつながってひとつの絵になるという比較的よくあると思われるしくみ。

ガミラス側の描写がたくさん

ガミラス側の描写が上巻にはいっさい無いのに対して下巻はたくさんありました。というかヤマト側の描写が足りないんじゃないかと思うほど(^_^) 実際ヤマト側のいくつかのシーンはさらっとしか書いてないです。ちゃんと書くとページ数がオーバーしてしまうというのもあるんでしょう。

アニメ版との違いは少ないけれど

全体にアニメ版との違いは一部細かいところ以外は特に無いですが、七色星団での戦いに少しアレンジがあってドメルの艦がヤマトへ近づく理由などいくつかはこちらのほうがうまく説明されてると思います。

伊東と藪の二人の行動もアニメ版では伊東が地球のことを思っているけどやり方が違っただけというのが見えるのですが小説版だと今後の藪の生き方に影響を与えるという感じでした。

3巻構成でも良かったかも

上巻はガミラス側の描写がなし。下巻はヤマトがの描写が淡白。このことから上下2巻ではなく上中下の3巻にしてもよかったのではと思います。原典ヤマトの朝日ソノラマ版小説は3巻でしたし。本を出すタイミングやどれだけ売れるかということを考えるとそう単純ではないのでしょうけど。

この小説版はアニメの文章化であって小説としての面白さとしてはどうだったのかアニメを見た人前提の小説ではなかったのかという印象も持ってしまいました。ただ七色星団での戦いのところにいくつか小説版のほうがいいと思えるところもあり読んでよかったです。

そして小説版最後のしめは原典ヤマトを踏襲しているので最後良ければ全て良し、です。

コメント: (0) , kenji2199