舷側展望室

宇宙戦艦ヤマト関連についてあれこれ

星巡る方舟の特報2を見て内容について想像してみる

宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟の特報第2弾とキービジュアルが先日公開されましたね。あらすじも発表されています。その内容からどんな感じになりそうか考えてみたりします。

星巡る方舟の特報2などをみてわかることや想像できることを書いてみます。ほんとならいろんな人の推測をみるのはあたっているかどうかにかかわらず半分ネタバレされたようなものだと思っているし自分もこうじゃないかなと思うのもやめておくことにしているのですがいままで抑えていたぶん今回は書きたくなりました。

特報2の公開と同時に新たなキービジュアルについて

真ん中に大きくヤマト。そして周辺を飛ぶコスモファルコンとコスモゼロ。だけでなくゲルバデス級航宙戦闘母艦も見えます。よく見るとカラーリングがちょっと変わってます。ヤマトと同じ向きということは直接戦闘するようなことはなく協力態勢にあるということでしょうか。

「宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟」特報2から場面を見て

最初に見える星は特報1やキービジュアルにも使われている星でありたぶん主な舞台となるのでしょう。

そして土方さんの顔のアップがどーんと。星巡る方舟はイスカンダルから地球への帰路でのお話しなのでこれはそのころ地球でなにが起きているかもある程度描かれるということでしょうか。

つぎはスターシャが。この映画のスタート地点としての登場なのかストーリーに絡んでくるのか気になります。

イスカンダルから飛び立つヤマトのあとはガミラスの女性。服装から軍人さんのようです。ヤマトの妨害者となるのか味方となるのか。キービジュアルのゲルバデス級航宙戦闘母艦と関係があるのか。

何かを照らすヤマトのあとに山本玲と森雪の肩を抱き寄せる島大介。これはちょっと意外です。地球からイスカンダルへの往路でバラン星あたりまでの行為ならありうるなと思うのですが復路でとは。どういう経緯でそんなことになったんでしょうか。

古代進と森雪の顔のアップのあとは十字状の巨大な何かを照らすヤマト。ガミラスのものでもイスカンダルのものでもそしてガトランティスのものでもないようです。当初星巡る方舟とはガトランティスの彗星帝国のことかもと思われましたが、これのことなのでしょうか。

草むらで何かを不安そうに見上げる桐生美影。主要メンバーではない彼女が特報2で大きく登場しているのは重要な訳があるということでしょうか。

タイトルのあとに地面に突き立てられた銃とヘルメット。背後はまだ赤い状態の地球。このヘルメットは2199では登場しなかったけれど見たことがあります。空間騎兵隊のものでしょう。太陽系に残ったガミラスの残存艦かなにかと奮闘しているのでしょうか。冒頭の土方さんと関係がありそうです。

そしてラスボス的なガトランティスの指揮官らしき人物。顔ははっきりとは見せていませんでしたがかなり野蛮な印象です。ヤマトに対して強引に絡んできそうですね。

特報2のセリフ、音楽、音を聞いて

特報2のナレーションは女性の声。どうやら桐生美影役の方の声のようです。ここからもやはり桐生美影が主役級のお話しになりそうだと感じます。

音楽も聴いたことがあります。「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」で空間騎兵隊がテレザート星に降下するときの曲ですね。これがガトランティス編を感じさせると同時に空間騎兵隊のお話しもそれなりにあるだろうという予感をさせます。

最後、敵の指揮官らしき人が剣で床を叩いたときの音がじつにガトランティスで使われる効果音になっていてちょっと感激です。

あらすじを読んで

公式ページで公開されたあらすじから気になる言葉がふたつ。

ひとつは「火焔直撃砲」。宇宙戦艦ヤマト2でガトランティスが使用した強力な武器の名前です。敵にも強力な決め手となる武器があったほうがストーリー的に盛り上がるわけでこれが採用されたんでしょうか。この武器の仕組みからガミラスの技術が使われているのではないかとファンの間で言われていたのですがこの段階での登場のようです。

もうひとつは「そこにあるはずのない[艦(ふね)]」。さぁなんのことでしょう。2199の出来の良さから早い段階で登場が期待されている艦があります。続編に登場するとっても人気のある艦ですがはたしてそれなのでしょうか。それともそれは考え過ぎなのでしょうか。

 

あまり深い考察ではなく特報などを見た瞬間に浮かんだことを書いてみました。次に公開されるのはもう特報ではなく予告編になると思っています。そしてその前には特別総集編となる「追憶の航海」がありますがこちらも新たな予告編ができるのでしょうか。

 

 

コメント: (0) | 本編 | , , , | kenji2199