第14話 銀河の試練!!西暦2200年の発進!!

コメント: (0) kenji2199

第14話 銀河の試練!!西暦2200年の発進!!

オクトパス星団で3週間の足止めってずいぶん長いよなぁ。はじめから迂回する航路にするか、うっかり入ってしまったとしてもすかさずもどって迂回した方がちょいと時間がかかっても確実だと思うんだよね。まぁそれをやってしまってはドラマにならないんだけど。

将棋をする古代と島。未来においても盤と駒で将棋をするだろうか。きっとテレビゲームっぽくなってると思うよ。そしてけんかを始める2人。盤をひっくり返した古代にたいして手を出した島。冷静キャラといわれる島もこのころはケンカっ早いんだよね。

船外の甲板全体にドームみたいのものが張られているヤマト。これなんの説明もないね。たぶん主砲を嵐から保護しているんだとおもう。

勝手にコスモゼロで飛び出してそして全壊させてしまう古代。格納庫の掃除で済ますとは艦長も寛大ですな。

雪が餅つきを提案するけれど食料が少ないという理由で却下する艦長。いやぁ、途中で食料の調達ができるとは思えないよなぁ。食料がありそうな星に出会う確率はとてつもなく低いしあっても人間が食べることができるとは限らないし。この辺の考証は時代を感じるな。

徳川に第2の地球に移住した方がいいと提案する藪。のちにイスカンダルで騒動を起こすけれどこういう風に彼も人類の未来のことを考えているわけだ。

沖田「慎重さは必要だが100%を待っていては行動はできん」

殴り合いのけんかのあとヤマトの操縦を手伝ったことで笑いあう古代と島。それをうらやましく思う森雪。青春ですなぁ。ただ宇宙戦艦の操縦桿を力任せに操作する必要があるってのはどうかと思うけどね。

 

地球滅亡まであと280日