舷側展望室

宇宙戦艦ヤマト関連についてあれこれ

*

ワンフェス2017夏 バンダイとメガハウスの宇宙戦艦ヤマト関連

バンダイの2202版の1/1000宇宙戦艦ヤマトのプラモデルを見に久しぶりにワンフェスに行きました。メガハウスも展示してたのでもちろんそれも。

バンダイの2202版1/1000宇宙戦艦ヤマトを見るために久しぶりにワンフェスに行きました。もちろんそれだけじゃなくその他の企業ブースも個人ディーラーもいろいろ見て回りましたよ。
宇宙戦艦ヤマト関連を出してる個人ディーラーは版権の許可が出にくいのかすくなかったですね。で、この投稿はバンダイとメガハウスの展示についてです。

バンダイホビー事業部 1/1000宇宙戦艦ヤマト2202

ちょこんと展示されてました。やはり2199以降のプラモデルは精密感とハイディティール感がいいですね。なおテストショット彩色品とのことなので細部で変更があるかもです。

艦首フェアリーダーの形状、喫水線の位置が2202版になっていることが確認できました。また第二副砲の下の第四艦橋のディテールも確認できました。

ほかに第二副砲横のパルスレーザーが2199版では三連装一基だったのが2202版では二連装三基になってるとか、艦体のボリューム感がちょっと違うとかも。艦首のくびれから艦中央部へのふくらみにかわっていくときにあるラインからもわかります。

エンジンノズルの形状やディテールも2202版となってますね、あたりまえですが。

あとはLEDが最初から付属してるのがいいですね。展示の関係で艦橋が光ってるのはわかりにくかったんですが波動砲発射口が光ってるのはよく見えました。かっこいい。
エンジンノズルを発光させるLEDは別売りなのがちょっと残念。3mヤマトや3mアンドロメダとは逆ですね(^o^)

それとメカコレのゆうなぎが付属されますがなぜにゆうなぎなのかな。どちらも古代が指揮する艦だからってことかな。

メガハウス メカ、フィギュア

メダルーサ級殲滅型重戦艦

メダルーサ級は前も発売されましたが2202版はなにか形状とか違ってましたっけ。それはそれとしてこれも良くできてますね―。

宇宙戦艦ヤマトアステロイドリング付き

こちらも形状が2202版となってます。がやっぱりアステロイドリングがインパクトあります。ただ原典ヤマトでこんな感じになりましたけど2202版ではこういうふうなリング状にはなりませんでしたね(^o^)

アンドロメダ

アンドロメダも素晴らしい形状。大きさ的には輝艦大全と同じくらいなのかな。

そして小さいけどコスモタイガーIがありました。アンドロメダの初回特典として付属することを検討中とありましたけど正式に付属となるといいですね。

ヴァリアブルアクションコスモゼロ

コスモゼロの台座がカタパルトなのがいいですね。ありそうでなかった。ハイスペックを名乗るだけあって差し替えでいろいろな状態に。

同スケールの古代と森雪のフィギュアも付属していて2199のあのシーンを再現出るのもいいですね。

森雪プライベートコーデVer.

2202第一章での私服姿の森雪。明るい感じなのがいいですね。2202本編第二章以降ではこういう感じのシーンはあまり期待出来なさそう。

山本玲パイロットスーツVer.

こちらはクールな感じ。まあ山本玲は2199のマゼランパフェのとき以外はだいたいこんな感じですね。

森雪と山本玲のフィギュアは何種類も出てるけど他の人物、とくに男性のフィギュアももっとでればいいですね。


他の写真は下記のリンクから。

ワンフェス2017夏 バンダイ・メガハウス 宇宙戦艦ヤマト2202

動画もあります。


ワンフェスということもあってプラモデルの展示は最小限という感じでしたがヤマト以外もいろいろみることができて楽しかった。

次に期待したいのは9月末の全日本模型ホビーショーでメカコレクションの2202シリーズとか1/72コスモタイガーIIとかカラクルム級(大戦艦)とかですね。

 

kenji2199 コメント: (0) 模型 , , ,